東京都・神奈川県で雨漏り修理なら【建物調査団.com】のマンションにおける漏水事故6つのポイント その③

簡単お問合せフォーム
東京都・神奈川県・埼玉県などで雨漏り、漏水調査なら【建物調査団.com】
  • mixiチェック

マンションにおける漏水事故6つのポイント その③

■2017/11/18 マンションにおける漏水事故6つのポイント その③
③損害賠償責任を負うのは誰か

水漏れ事故が誰かの過失を原因としたものなら、当然にその人が責任を負担します。他方、マンションの排水管の老朽化などが原因の場合には、その原因となった欠陥部分の所有者が責任を負うことになります。共用部分に原因があった場合には、区分所有者全員で共同して責任を負うことになります。

≪損害賠償責任を負う事例≫

建築工事の瑕疵による場合は、分譲業者や工事を行った者が負います。
設備の老朽化等で、発生箇所が専有部分であれば住戸の所有者が、共用部分であれば管理組合が負うことになります。
洗濯機からの漏水等の人為的な場合は、溢れさせた居住者が負うことになります。居住者が賃借人であれば、賃借人が負い、通常住戸の所有者は負いません。


しかし、欠陥箇所である漏水部分がどこにあるのか、はっきりしていると問題ありませんが、はっきりしないケースもあります。区分所有法では、建物の設置または保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その瑕疵は共用部分にあるものと推定しています。要するに、区分所有者全員が共同して賠償責任を負うことになります。この規定は、欠陥部分がどこにあるのか不明の場合を前提としていますが、欠陥部分が明らかだけれど、それが共用部分なのか専有部分なのか不明である場合にも適用があると解されています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〈建物調査のことなら〉
建物調査団.com
http://www.tatemono-cyousadan.com/
★お問い合わせ★
TEL:011-769-9181
FAX:011-769-9182
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〈北海道のリフォームなら〉
リフォーム工房楽人
http://rackt.jp/index.html
★お問い合わせ★
TEL:011-769-9181
FAX:011-769-9182
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社ラクト Facebookページ
https://www.facebook.com/rackt.office/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
運営会社 株式会社ラクト
住所:〒065-0018
北海道札幌市東区北18条東8丁目1-27
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • お客様の声
  • 会社概要
  • 調査依頼・ご相談
  • 株式会社ラクト

建物調査団.com
世田谷本社
〒154-0003 東京都世田谷区野沢3丁目29-13-304
TEL
03-6869-9429
FAX
03-6869-9829
文京OFFICE
〒113-0021 東京都文京区本駒込5丁目60-18-1F
TEL
03-5832-9216
FAX
03-5832-9217
>>会社概要はこちら

PAGETOP